国公立大”E判定”の学生が「勉強時間を増やさず」に たった3ヶ月で”A判定”へ! 現役合格の絶対法則!

地方国公立大 E判定 を連発していたボクが、どうやって 合格 を掴んだのか、なぜ 合格 できたのか。中堅国公立大までを目指すあなたに、その 絶対法則 お教えします。

3秒 迷ったら落ちる!?意志力の謎

 

 

 

 

こんにちは、ノコノコです!!

 

 

今回は、

『ウィルパワー』

についてです!!

 

 

ちょっと

わかりづらいですよね...

 

 

これを知って

どうなるのか

っていうと

 

 

・集中力アップ

・問題解答のスピードアップ

・やる気アップ

・決断力アップ

 

 

とにかく

あらゆる面で

あなたのステータスが

アップしていきます!!

 

 

f:id:kame_taro123:20180303165537j:plain

 

 

これを意識して

過ごさないと

時間なんて

あっという間に過ぎて

あっという間に

あなたは浪人生です。

 

 

でも、ウィルパワーって

聞きなれませんよね。

 

 

なんだかうさんくさい...

 

 

でもね!!

最近、心理学の世界で

話題になっている

注目のトピックなんです!!

 

 

簡単に

説明していきますね。

 

 

まず

「ウィルパワー」

っていうのは、

 

・やる力

・やらない力

・望む力

 

のことなんです。

 

 

この力があるから

あなたは

集中して、継続して、

誘惑に打ち勝って

勉強ができているんです。

 

 

でもこのウィルパワー、

あなたが1日に

使える量は限られています。

 

 

使えば使うほど

減っていくものなんです。

 

 

その結果、

だんだんやる気が失くなるし...

誘惑には負けるし...

ヘトヘトになるんですね。

 

 

f:id:kame_taro123:20180303142617j:plain

 

 

じゃあ

どうすればいいのか!! 

 

 

結論からいうと、

減らすのを

妨げることできます。

 

 

言い換えると

ウィルパワーの節約です。

  

 

残念ながら、あなたは

常にウィルパワー

消耗しています。

  

 

何をして減るのか...

 

 

その原因は

情報量にあります。

 

 

・判断や決定

・今日やるべきこと

・視界に入るもの

・周囲の音

など...

 

 

それらを減らすことが

ウィルパワーの節約です!!

 

 

じゃあ、具体的に

何をすればいいのか。

 

 

・やることはメモする

・迷ったときの答えを決めておく

・習慣化する

 

  

まず、1日の

スケジュールですね。

 

 

例えば、

「チャートをやった後に

化学の重要問題集をといてー、

でそのあとにー...

なんだっけ??」

 

 

これでは「思い出す」というところで

ウィルパワーを無駄にしているんですね。

 

 

だから、

スケジュールを決めたら

メモに書いてください。

 

 

こうすることで

迷い決定減ります。 

 

 

次に、

迷ったときですね。

 

 

例えば買い物です。

 

 

「どっちにしよう...

あっちにしようかな、

でもこっちもいいな...」

ってときありますよね!!

 

 

こんな場合には

ルールを決めておくことです。

 

 

迷ったら右!!

 

とか

 

最初にいいと思った方!!

 

とか...

 

 

とにかく

最初から決めておくこと

ですね!!

 

 

最後に

習慣化ですね。

 

 

たとえば、

通いなれた道を歩いても

疲れたりしませんよね。

 

 

それは

いつもと同じ

道、景色、匂い、音

だからです。

 

 

習慣化されているから

注意を払わないんですね。

 

 

でも、初めての道だったら

常にいろいろな情報を

得ながら歩くことになります。

 

 

だから

いつもと違うことを

するのはひかえましょうね。

 

 

ちょっと長くなりましたが

以上です!!

 

 

要するに

言いたかったことは、

勉強以外で迷うな

ということですね!!

 

 

ここまで

読んでいただき

ありがとうございます

 

 

ではまず

 右 か 左 

選んでみてください!!

 

 

つぎの決定に

役立ててくださいね!!

 

 

ここまで読んでいただき

ありがとうございました!!

 

 

ではでは。