国公立大”E判定”の学生が「勉強時間を増やさず」に たった3ヶ月で”A判定”へ! 現役合格の絶対法則!

地方国公立大 E判定 を連発していたボクが、どうやって 合格 を掴んだのか、なぜ 合格 できたのか。中堅国公立大までを目指すあなたに、その 絶対法則 お教えします。

まずペンを置け!!

 


どうも、ノコノコです。

 


突然ですが、
いま、あなたの周りは
キレイですか??

 


参考書が散乱している…
お菓子が置きっぱなし…
テレビがついている…

 

 

f:id:kame_taro123:20180110134020p:plain

 

 

そんな環境では
最大限の効率
勉強をすることはできません。

 


前の記事でも
説明しましたが、
情報量が多過ぎます!!

 

 


そんな環境では
すぐに誘惑に
負けてしまいませんか??

 


「あー、英語もしなきゃなぁ…」とか

 

「(さっきも食べたけど)
チョコたべよーっと!」とか

 

「あ、おもしろそうな番組やってる
ちょっとだけ見よっかなぁ」とか…

 


情報が多ければ多いほど
あなたは誘惑に弱くなります

 

 

それに、また別の記事で
解説していこうと思いますが、
インプット効率圧倒的に
悪くなるんです!!

 

 

そんなあなたでは

いつまでたっても

大学生にはなれません。 

 

 

心理学的な実験でも

証明されているんですね。

 

 

だから

勉強中に見えるところ 

だけは常に

片付けておいてください!!

 

 

f:id:kame_taro123:20180110134036j:plain

 

 

特にスマートフォン!!

勉強中は必ず視界に

入らないところに置いてください。

 

 

自分の勉強する環境

思い浮かべてください。

もしくは

見渡してみてください。

 

 

どうでしょうか??

 

 

次回も

「勉強する環境」について、

お話ししていこうと思います。

 

 

ここまで読んでいただき

ありがとうございました!! 

 

 

ではまた。