国公立大”E判定”の学生が「勉強時間を増やさず」に たった3ヶ月で”A判定”へ! 現役合格の絶対法則!

地方国公立大 E判定 を連発していたボクが、どうやって 合格 を掴んだのか、なぜ 合格 できたのか。中堅国公立大までを目指すあなたに、その 絶対法則 お教えします。

マイナス思考が勝つ。

 

 

 

どうも! ノコノコです。

 

 

いきなりですが、

ネガティヴな人ほど

挫折しにくい

ということがわかっています。

 

 

あなたは

自分で決めた習慣に

挫折してしまったこと

ありませんか??

 

 

f:id:kame_taro123:20180303144252j:image

 

 

今回は、

なにかを続けようとして

挫折する、やめてしまう

そんなことを防ぐ方法を

ご紹介したいと思います。

 

 

たとえば

毎日、英単語を

50個おぼえる!!

と決めた時。

 

 

何日か続けてきたけど

挫折しそうになった時

 

 

あなたは

どうしていましたか??

 

 

当たり前のことですが、

対処方法を

考えたり、調べたり

しますよね。

 

 

でもね、

それじゃダメなんです。

 

 

そのままではあなたは

 

どんな習慣も

どんなルールも

 

守れないようになってしまいます。

 

 

受験勉強は

習慣化が命です。

 

 

習慣化できない、

決めたことを

続けられない

こんな人は絶対に

合格を掴むことはできません。

 

 

習慣化されたことって

苦にならないんです。

 

 

歯磨き

いい例ですね!

 

 

やらないと

落ち着かない...

気持ちが悪い...

 

そんな人も

多いですよね。

 

 

だからこそ

習慣化さえできれば

毎日、

ストレス無しに

勉強を続けられます!!

 

 

それじゃあ

説明していきます!!

 

 

挫折するときって

自分の決めた習慣から

 

「逃げたい!なんとか避けたい!」

 

と思っているんです。

 

 

そう考えている時に

 

挫折しないようにする方法

を考えよう!!

 

としても結局

そっちに時間が

かかってしまって

習慣は無かったことに

なってしまいます。

 

 

しかも、

そんなネガティブなときに

考えた解決策が

役立つはずがありません。

 

 

じゃあどうすのか。

 

 

それは

「解決策は先に決めておく」

ことです。

 

 

たとえば

あなたが何か目標を決めて

習慣化しようとした時...

 

 

習慣化するその前に!!

 

 

続けられるかな...

覚えられるかな...

もし自分に

できなかったらどうしよう...

 

 

というネガティブな自分を

始める前に考えておくんです。

 

 

「よしやるぞ!」

と目標を設定したとき、

もし自分が挫折したら

を考える。

 

 

そうすれば、

最もモチベーションの高いときに

決めたルール

を思い出すことになります。

 

 

さらに、

そのときのモチベーションも

一緒に思い出してくるんです!!

 

 

たとえば、最初にあげた

英単語一日50個

 

 

でも急にやることが

できたとき、

どうするのか考えます。

 

 

習慣は

やめてしまうと

いけません。

 

 

「やめる」という

選択肢から自分をそらすような

選択肢をつくっておきましょう!!

 

 

たとえば

 

10個は絶対にしよう!

 

とか

 

20分は

絶対に時間を作っておこう!

 

とかです。

 

 

量は変動してしまいますが、

習慣はそのままになります。

 

 

習慣化にとって

一番重要なのは

「やめる」ということを「やめる」

ことなんです。

 

 

ではまず、

「やめたこと」

「挫折したこと」

思い出してみてください。

 

 

それは

「やらなくていいこと」

でしたか??

 

 

 ここまで読んでいただき

ありがとうございます。

 

ではまた次回。