国公立大”E判定”の学生が「勉強時間を増やさず」に たった3ヶ月で”A判定”へ! 現役合格の絶対法則!

地方国公立大 E判定 を連発していたボクが、どうやって 合格 を掴んだのか、なぜ 合格 できたのか。中堅国公立大までを目指すあなたに、その 絶対法則 お教えします。

やる気スイッチの作り方!?

 

 

 

 

どうも!ノコノコです。

 

  

 今回は

みんなが探している

「やる気スイッチ」

についてお話ししていきます。

 

 

何回かは考えたことがある

と思います!!

 

 

いまやる気が出せたらなぁ、、

やる気スイッチみつからないかなぁ、、

 

 

 はい、見つかりません。

ないんですから!!

 

 

 でもね、今回

ご紹介する方法は

 

 

やる気スイッチを作る方法です。

 

 

f:id:kame_taro123:20180122140622j:plain

 

 

ないなら作ればいいんです。

 

 

作ってからはいつでも押せます。

 

 

 たまにある、

先生の熱い話

先輩からの激励

などを聞いた後はやる気が出る。

 

 

みたいな人がいます。

 

 

 それはそれでいいんですけど

時間がかかるんですよね。

  

 

 毎日押せないと

受験において意味がありません。

 

 

毎日、勉強を始めるきっかけづくりから

始めていては遅いんです。

 

 

「やらなきゃ!!」

とおもって始めても

義務感が強くて集中力が持続しません。

 

 

 もうスイッチがある人は

周りにいっっっぱいますよ!!

 

 

 あなただけが

取り残されてしまいますよ。 

 

 

 そこで気になる

やる気スイッチ作成方法ですが、

前回に引き続き、習慣化にあります。

 

 

 あることをすると

それがトリガーとなって

スイッチを押してくれる

という状況を作り出すんです!!

 

 

ボクの場合、

家では一切、勉強をしませんでした。

  

 

 「家は休むところ」

という風に割り切っていたんです!!

 

 

 だからぼくのやる気スイッチは

 

電車に乗る

 

ということでした。

 

 

毎朝、電車に乗っていたので

電車に乗ったら勉強を始める

というふうにしていました。

 

 

 もうひとつは

 

ペンをもって机に向き合う

 

というのも

やる気スイッチになっていました!!

 

 

・ここに足を踏み入れたら

・この姿勢をとったら

 

というものを

習慣化することが

やる気スイッチ作成方法なんです!!

 

 

有名なので言えば、

 

イチロー選手の打席での振る舞いとか

 

前田健太選手のマエケン体操とか

 

五郎丸選手のポーズとか、、

 

 

ジンクスげん担ぎ

ようなものと思ってください!!

 

 

習慣化について

前の記事を読んでくださいね。

 

 

 これには

心理学的根拠があります。

 

 

知っている人もいるかとは

思いますが、、

 

パブロフの犬

 

というのをご存知でしょうか??

 

 

簡単にいうと

ベルの音を聞くだけで

よだれを垂らす犬のことです。

 

 

ベルの音を鳴らした時に

いつもエサをあげていたんです。

 

 

そうすることによって

犬はベルの音を聞くだけで

よだれを垂らすようになったんです。

 

 

 これが条件反射

呼ばれるものです。

 

 

ボクの場合はたぶん

ふたつの条件付け

できていたと思います!!

 

 

なんでもいいんですよ!!

 

 

 この図書館のこの場所!!

 

とか

 

参考書を開いて深呼吸してから!!

 

とか、、

 

 

 自分なりのベルの音

スイッチON

引き金にしてほしいんです。

 

 

 あなたを

やる気にさせるの

なんでしょうか??

 

 

ここまで読んでいただき

ありがとうございました!!

 

 

ではまた次回。