国公立大”E判定”の学生が「勉強時間を増やさず」に たった3ヶ月で”A判定”へ! 現役合格の絶対法則!

地方国公立大 E判定 を連発していたボクが、どうやって 合格 を掴んだのか、なぜ 合格 できたのか。中堅国公立大までを目指すあなたに、その 絶対法則 お教えします。

集中できる人とできない人の差

 

 

 

 

どーも、ノコノコです!!

 

 

「なんであの人は

あんなに長く集中できるんだ??」

 

 

と感じたことありませんか??

 

 

ぼくは何度も何度もあります!!

 

 

ずっとほかの人との

を感じていました。

 

 

今までで一番役に立った本

こう書かれていました。

 

 

「実は、集中力の高い人は

長時間の集中はしていない」と。

 

 

何を言っているかわからず

ぼくは興味を惹かれ

読み進めると

その答えはありました。

 

 

これを知ったぼくは

その瞬間から取り入れました。

 

 

それほど簡単にできるんです!!

 

  

試しに1日継続してみると

なんの苦労もありませんでしたし、

無理なく続けられます!!

 

 

効果も

必然的にあらわれました。

 

 

頭がリフレッシュされ

脳がクリアになります!!

 

 

実験もされていて

検証済みなんです。

 

 

これを実際に

やっている人とやっていない人

とで簡単なテストを行ったところ

あきらかな差が出ています。

 

 

このまま差を感じ続けていては

自分に自信が持てませんよね、、

 

 

成績も差だけが

広がってしまいます、、

 

 

それに

歯止めをかける方法!!

 

 

 それが、

「15分に一度、立ち上がる」

という方法です!!

 

 

f:id:kame_taro123:20180126071308j:plain

 

 

実は

集中できる人とできない人に

差はありません。

 

  

じゃあ

今まで感じてきた差は

何だったのか

 

 

そもそも人間の脳は

集中を持続させないように

できています。

 

 

これは

人間が狩りをしていた頃の

なごりです。

 

 

危険な自然界でひとつのことに

集中してしまっては危険です。

 

 

常に分散させるように

できているんですね。

 

 

持続して集中している

ように見える人ほど

うまく休憩をはさみ

短時間の集中を繰り返しています。

 

 

それを手っ取り早く

取り入れる方法が

「15分に一度、立ち上がる」

ということなんです。

 

 

前回の記事とも

共通するんですが、、

 

 

勉強のきりのいいところ

ではなく、

中途半端なところで

立ちあがってください。

 

 

立ち上がることで

視線が上がります。

 

 

そうすることで

一瞬、脳が勉強を忘れ

リセットされるんです。

 

 

脳に新しい刺激が加わり

集中力を持続する

効果が得られるんです!!

 

 

視線を落とせば

残っている問題

目に入りますよね。

 

 

すぐに脳は

とりかかろうとするので

ストレスにはなりません!!

 

 

中途半端なところで

うち切ることによって

得られる効果に

ついては<こちら>

 

  

どうでしょうか

簡単に実践できますよね!!

 

 

まずは一度

立ってみてください。

 

 

すでに立っている人は

座るかしゃがんでみて下さい。

 

 

ぜひ効果を

感じてもらいたいです。

 

 

ここまで読んでいただき

ありがとうございました!!

 

  

次回もぜひ

ご覧ください!!

 

 

 

お名前.com