かめイズム

子どもの成績をあげるためには?やる気のない子どもを奮い立たせる!

f:id:kame_taro123:20190822172053j:plain

 

子どもの成績が上がらない...!

 

 

と言っているお母さん、お父さん、多いです。自分は学生時代こうやってきたのに、なんでこの子はできないんだろう?やらないんだろう?と思って怒ってしますこともあるかと思います笑。

 

 

社会なんて覚えるだけ!数学はなんども繰り返さないと!英語は単語を覚えないと!と呪文のように言っても伝わらないのはなぜでしょうか?笑

 

 

どうすれば学校での成績が上がるのか、子どもが勉強への熱を持つようになるのか、塾講師の目線から考えてお伝えします!

 

 

 

 

学校での成績UPを目指すには?

 

学校の定期テストは中間テストでは5科目、期末テストでは9科目。成績UPを目指すのなら全体的に上げないと大きくは変わりません。で、普段は宿題くらいしかやらない中高生のお子さんがいきなり幅広く成績を上げることは不可能に近いです。

 

 

目的は成績UPだと思いますが、普段、勉強し慣れていない子にとってはかなり負担になってしまうし、途方もない。先が見えない物事にはなかなか足が出ないものです!

 

 

経験がないことにチャレンジするのはかなりのストレス。人間は根本的に変化を嫌うものです。まずは小さな一歩を踏み出すことが大切!じゃあ小さな一歩ってなに?

 

 

成績UPには成功体験が必須!

f:id:kame_taro123:20190822185626j:plain

 

新たに物事を始めるのにはストレスがかかる。であれば経験が必要になってきます。成績を上げたことがある!という経験が成績UPを加速させます!

 

 

まずは1教科に絞って成績を必ず上げる!

 

5教科やってみよう!ではハードルが高すぎる笑。「今日から利き手とは逆の手で生活を送ってください」と言われても無理!まずは箸から、次にペンで...っていうのならできそう。

 

 

まずは小さなステップを経験してクリアすることで成功体験を作るのが大切です!ハードルの上げすぎは逆にやる気を損ねてしまう...笑。

 

 

ぼくも大好きなMr.Childrenの「終わりなき旅」の中には「高ければ高い壁の方が登った時気持ちいいもんな」とあります。確かに気持ちいいでしょうけど、そこにはやっぱり一歩一歩よじ登って行く、泥臭いスモールステップがあるでしょう笑。

 

 

どうやって勉強をすればいいかわからない!

f:id:kame_taro123:20190917103150p:plain
 

 

子どもたちの中には「どうやって勉強すればいいかわからない!」という子もめちゃくちゃいます。いままで勉強してこなかったからわからないのでしょう。

 

 

でも定期テスト対策となれば割と単純です。「学校で与えられた宿題をこなす」ことで成績につながります。「こなす」を「やって提出する」と誤解している子は多いですが...

 

 

「宿題・課題をこなす」とは?やり方

 

正直、宿題のやり方からわかっていない子が多い笑。宿題はやって終わりではない!

 

 

×どこか間違えたら直す

←ここができていない子がなんと多いこと。赤ペンで答えを書いて終わり。それは何もしていないのと変わりない笑。実はぼくもこれでしたが...

 

 

×直してわからず終わり

←がんばった!がんばったけど理解までは行けなかった。一番もったいないやつです、これは。

 

 

×理解して終わり

←まずまず良し。しっかり理解までできたのは授業がちゃんと理解できている、聞けている印。ただそれを3日後に解ける?と聞きたい。

 

 

◯理解できたら確認を入れる

直して理解できた!じゃあ次に間違わないようにする、それが勉強です。同じ問題を解くのは気がひけるし、時間も多くはかけたくない気持ちもわかるが、しないと宿題をやった意味が薄れる、なくなる。

 

 

成績のいい子の共通点とは?

f:id:kame_taro123:20190908125454j:plain

 

成績がいい子は一概に、「セルフチェックをしている」。期間をあけてちゃんとできるか、自分で確認したり、塾で確認してもらっている子ほど、定着がいい。

 

 

覚えた内容を次に覚えていられるか、この問題の手順をしっかり人に伝えられるか、自分なりに分析できている子や塾でサポートを受けている子はおのずと成績も伸びるものです。

 

 

個別指導でみっちり授業!

 

塾でサポートを受けると言っても、なかなか集団塾では一人ひとりにまで気を配れないのは当然です。

 

 

となれば個別指導の塾でわからないところを質問できたり、自分のことを見てくれているという安心感もあるほうがいい。自習スペースなどもあるので環境としては家庭教師よりもいいと思います。

 

 

ぼくも務めている「個別指導塾スタンダード」は全国に約500校あるので、お近くにもあるはず!お子さんのために、まずは資料請求や無料体験授業、教室見学をしてみてはいかがでしょうか?勉強をするにもわからないところを教えてくれる人がいると心強いし、正しく確実な理解ができます!

 

 

 

 

成績UPのまとめ!

 

 

成績UPのまとめ!

 

◯まずは1教科に絞る!

いきなり全科目は無理。成功体験がほかの教科に生きるし、伸びを加速させる!

 

◯どの教科も宿題・課題をこなす!

「こなす」の意味を誤解しないように、確実に自分のものへと落とし込むべし!

 

◯理解を助けてくれる人、環境を用意する!

塾なり、学校の先生なりに聞ける、助けてもらえるような環境を用意してあげてください。