かめイズム

かめイズム

エスプレッソみたいな濃いぃ〜記事をお届けしたいが、アメリカンコーヒーみたいに薄い内容のブログ

カランディーバとフィカスを育てることになりました。

 

カランディーバをもらったので、育てることにしました!

 

f:id:kame_taro123:20190904110851j:image

 

ひとつだけっていうのもちょっとかわいそうなので、もう一種を検討。

 

 

園芸屋さんに行っていろいろ見て…ガジュマルと悩みましたが、結局フィカスを購入!

 

f:id:kame_taro123:20190904111029j:image

 

名前は左から、モナ、リザと命名。笑

 

 

鉢を100均で買ったものに換え、土も栄養たっぷりに。実質、はじめて植物を育てるので土の硬さ?密度?がわからず、とりあえずふかふか状態。グラグラです。笑

 

 

とにかく何もわからん!!

 

 

生命の強さ、生きる工夫、植物の意地

 

初日、水をあげているときに気づいたのですが、葉のつき方が素晴らしい!

 

 

葉に水をかけると、葉のつき方に傾斜があるために自分の幹のほうに水が伝って行って、結局自分の根に染み込む。植物の生きる工夫を感じました。よくできてるぅ。笑

 

 

しかし、カランディーバの育て方を調べてみると葉に水をやってはいけないとのこと。

 

 

そもそもカランディーバは多肉系の葉で、水をやり過ぎると腐るようで。少ない雨の環境での植物の生きる工夫だったようだ。笑

 

 

モナもリザも毎日水やりする必要はないようで、とても優秀。飼い主に似ない。

 

 

花言葉

 

カランディーバの花言葉は「幸福を告げる」「あなたを守る」「永遠に続く愛」多くね?だいたい意味一緒じゃね?笑

 

 

ちなみにフィカスの花言葉は「永久の幸せ」やっぱ同じような意味多くね?笑

 

 

今はきゅうりみたいな色合いで花を咲かせているカランディーバですが、いつか薔薇のような綺麗な花を咲かせます。

 

 

フィカスも花はあるんだろうけど、期待してません。ゴムの木だし笑。樹液から本物のゴムを作ってみようと思います。