かめイズム

かめイズム

エスプレッソみたいな濃いぃ〜記事をお届けしたいが、アメリカンコーヒーみたいに薄い内容のブログ

【いいアウターの条件】ぼくが着たことのある感動した有能アウター3選

f:id:kame_taro123:20191224224248j:plain


  

冬本番の寒さも近づいてきました。布団から出るのも億劫になるこの季節。外に出るのなんてもってほかです。しかし、そんな寒くて出たくない冬の外出も楽しくなるようにしてくれるのがファッションでしょう。

 

 

私事ですが、昨夜、我が家にサンタさんがやってきました。そしてプレゼントをいただきました。実はそのプレゼントはぼくの欲しがっていた「DANTONのノーカラーフリースジャケット」でした。今日は早速、学校にこれでもかと着て行ってやりました。

 

 

お気に入りの服があれば、これでもかと見せつけるが如く、着ていきたい。欲を言えば、ぼくが今着ている服について気付いてもらっちゃったりしてほしい。でもちょっぴり恥ずかしい。本当は気付いてもらわなくてもいい。すっと受け入れてくれるだけでいい。そう、まるで髪を切った次の日の学校のような、あのなんとも形容しがたい気持ち。そんな誰もが一度は経験したことのある気持ちを胸に、今日は登校しました。が、誰にも気づかれませんでした。そんな悲しいイヴでしたが、気を取り直して、ぼくのおすすめアウターの話をしたいと思います。

 

 

いいアウターの条件

 

あくまでぼくの主観ですが3つの条件があります。

 

1. 軽い

2. 暖かい

3. デザイン性が優れている

 

それ以外にも価格がお手頃、似合う、などあるかもしれませんが一度、機能性などの面に目を向けてご紹介したいと思います。

 

 

この冬、新たに思ったのが「ユニクロのウルトラライトダウンって有能すぎんか?」。これ初めて買った高校2年の時から毎年思っているのかもしれません笑。

 

 

ただネックなのはデザインが残念。いや、残念というよりは日本人にとって似合いづらいだけでしょうか。決して背が高いとはいえない(低い)ぼくにとっては着こなすといったことは難しい一品です。

 

 

これは軽くて暖かくて、評価は高いですが、外にこれだけでは出ていけません。ぼくは外でバイトがあるときと、家の中で着ています。軽くて動きやすい。一着はもっておきたいものです。

 

 

このデザイン性をカバーし、重ね着することで最強のシナジーを発揮するアウターを1つ目に紹介します。

 

 

1. Columbia ワバシュ (マウンテンパーカ)

 

これをウルトラライトダウンの上に着ればデザイン性を隠すことができます。この重ね着の素晴らしさについてはこちらを読んでもらえると早いので、省略させていただきます。バイク・自転車に乗る時やアウトドアの時などに重宝する重ね着です。

 

kame-taro123.hatenablog.com

 

 

続いてはそれだけで十分な機能性を持ったものを紹介していきます。

 

 

2. DANTON ノーカラーフリースジャケット

 

これが冒頭でお話したサンタさんからのプレゼントです。 グレー・ブラウン・ベージュの3色展開で、レディースもあります。ちゃちゃっと着れて、飾らないところが素晴らしい。

 

 

アウターにも、また大きなコートのインナーにもなる、着回しが多いのが特徴です。なんにでも合う。ノーカラーなのでマフラーをするときにも邪魔になったりはしません。ある程度、通気性があるので風には弱いかもしれませんが、簡単な外出にはぴったりかなと。

 

 

ぼくは車に乗ることが多いので、丈の長いコートだと座りづらかったりするため、短めの丈が嬉しい。

 

 

車に乗る人、男女問わずおすすめでき、軽くて暖かい。上に重ねてアウターを着ることもできますが、これだけでも十分に暖かいアウターです。

 

 

 

3. Patagonia Boys Infurno Jacket

ぼくの持っているものはフードが着脱可能のものなので、ちょっと型が違うのですがおすすめしたいのがPatagoniaのアウター。

 

 

以前、外出の直前に家の中で袖を通さずサッと羽織って外出準備していたのですが、それだけで肩のあたりがかなり暖かくなっていることに気がつきました。特に暖房などはつけていなかったので、体温だけでしっかりと保温・発熱しており、有能さに打ちひしがれました。

 

 

デザインも個人的には好きで、かっちりしていないところが場面を選ばずに気軽に着ていける。とても扱いやすいアウターで重宝しています。