かめイズム

かめイズム

エスプレッソみたいな濃いぃ〜記事をお届けしたいが、アメリカンコーヒーみたいに薄い内容のブログ

「夜と霧」ドイツ強制収容所の体験記録

f:id:kame_taro123:20200304192822j:image

 

ナチス・ドイツによるユダヤ人の強制収容・虐殺がありました。

 

強制収容所に収容され、無事に開放された心理学者 ヴィクトール・E・フランクルが、収容所内での体験、自分を含めた収容者の心理、それらを記したものが「夜と霧」です。

 

収容所内では残酷で人権などを完全に無視した虐殺、人体実験が行われ、飢餓や病気の中で労働を強いられていました。

 

収容所送還、収容生活、開放...と心理状態を記していきます。人間の負の遺産でありながらも、後世に語り継がれる名著へと昇華し、今も多くの人の心を動かしています。

 

 

「夜と霧」には新版と旧版がありますが、訳者が違います。

 

旧版はかたく難しい表現で読みづらく感じますが、フランクルの記したことをそのままに受け取れるようです。

新版は高校生でも読めるように読みやすく訳してありますが、その分、本来の意味することと少し違っていると感じられる箇所もあるようです。