かめイズム

かめイズム

エスプレッソみたいな濃いぃ〜記事をお届けしたいが、アメリカンコーヒーみたいに薄い内容のブログ

【バイク乗り必見】防寒対策グッズは 層 と 素材 で決める!冬はこれで乗り切ろう!

f:id:kame_taro123:20191022151054j:plain
 

 

だーいぶ寒くなってきて、バイクでの外出が億劫になる今日このごろ。防寒対策はいかがでしょうか。指先からだんだんと冷えてきて、体にまで寒さが伝ってくることは誰でも二輪車に乗る人なら誰でも経験済みでしょう。

 

 

ぼくが高校生のころ、店員さんから聞いた防寒対策が最強ということで紹介したいと思います。そのお兄さんは冬場はずっとおすすめしてもらった服装で移動しているらしいです!

 

 

今回、おすすめしてもらった防寒対策(服と手)をご紹介。

 

 

 

バイクに乗って暖かさをキープさせるのに必要な条件

 

バイクのような風にさらされる環境下では最も大事なのは寒さよりも風。防寒はいくらでもできる。最も対策すべきは防風対策

 

 

図解で説明してみます。

 

f:id:kame_taro123:20191022143806p:plain

空気の層

 

大切なことは、外気と身体の間に体温で温められた暖かい空気の層を維持すること。暖かさを維持するために必要な条件です。だから、まずするべきことは防風対策

 

 

これをふまえて、服装選びをすることが大事になってくる。

 

 

やっておきたい防風・防寒対策の服装

f:id:kame_taro123:20191022151446j:plain

 

 

1枚でゴツいアウターを着るよりも重ね着でしっかり空気の層を作って守ります。外に防風・防寒用アウター。中に暖かい空気を維持するためのダウンで保温します。

 

防風・防寒用のアウター

 

オススメされたのはマウンテンパーカーやっぱり登山グッズは強い。そこから登山グッズにハマりました笑。防風と防水も兼ね備えているのでまず間違いない。外から防風、中で保湿できる。

 

 

 

手が出せる値段の薄くて丈夫なコロンビアのマウンテンパーカー(ワバシュジャケット)を着ています。本当はノースフェイスとかモンベルとか着てみたいけど、まぁおしゃれにも着れるコロンビアで必要十分です笑。

 

 

薄くて折りたためたりするので荷物にならない。ぼくもずっと着ていて、もう3着目です。(パクられたりした笑)

 

  

 

 中に着るアウター(暖かい空気の層)

 

中にはUNIQLOのウルトラライトダウンを着ています。マウンテンパーカと同じで小さくたためて荷物になりにくい。薄くてしっかり保温性もある。着ぶくれしないのでかっこよくバイクに乗れます!

 

 

こんな感じで、マウンテンパーカーとライトダウンを重ね着して移動しています。

 

 

やっておきたい手の防寒対策

f:id:kame_taro123:20191022154011j:plain

 

 

なんといっても手!手です!指です!最初に機能しなくなります笑。手袋でのオススメは「カヌー・カヤック」用の手袋。

 

 

カヌーやカヤックは極寒の冬、水に体をさらされ、その中でうまくパドリングする必要があります。それを可能にするには手の繊細な動きが必要。寒い中、それを実現できているのは優れた防寒・防水機能をもった手袋が必要になります。

 

 

カヌー・カヤックと同じようにバイクも操作性がある程度必要で、防寒・防風・防水が必須となります。

 

 

商品リンクを載せておきますが、安いので大丈夫かわかりません笑。お近くのモンベル(mont-bell)などでしっかりしたものの方が機能がしっかりしていると思います。Amazon楽天も本格的なのは取り扱ってないみたい...

 

 

形も外気と触れる面積が小さくなるよう、ミトンタイプのものがオススメ!中に軍手やスマホ対応の手袋をインナーグローブとして使えば中で保温できます。

 

 

 これで冬もバイクに乗りながら過ごせるはず!ぜひお試しあれ!!