国公立大”E判定”の学生が「勉強時間を増やさず」に たった3ヶ月で”A判定”へ! 現役合格の絶対法則!

地方国公立大 E判定 を連発していたボクが、どうやって 合格 を掴んだのか、なぜ 合格 できたのか。中堅国公立大までを目指すあなたに、その 絶対法則 お教えします。

男女別の勉強法があるってホント!?

 

 

 

どうも、ノコノコです!!

 

 

ぼくは自分にあった勉強の仕方を

考えるうえで、「男女の差」

注目をしました!!

 

 

男女って人間が狩猟・採集している

時代から役割が違いますよね??

 

 

いまでも根強く残っていて、、

 

男は道に迷ったりすることは少ない

女は男に口げんかで負けない

 

 

こんなふうに

空間認知と言語能力の差

今でもみられますよね。

 

 

ぼくは男としての性格を知り

それに沿った勉強法を

実践していきました!!

 

 

そうすることで、、

 

・男女一緒に受けている

いつもの授業の受け方

 

・問題演習などでの

解き方の方針の違い

 

に気づくことができ、

それまでよりも

グッと効率的に

勉強できました!!

 

 

f:id:kame_taro123:20180127120846j:plain

 

 

今ぼくは大手個別指導塾で

塾講師をしていますが、

男女で教え方指導法

を区別しています。

 

 

ぼくの教えてきた子たちは

何人も合格を掴んでいきました。

 

 

この男女別の勉強方法の

おかげでぼくは合格を掴めた

多くの生徒を合格させること

できました!!

 

 

この男女の違いを

知らなかったら、

 

 

全員に向けてされる授業を

最大効率で受けることはできなかったし、

 

 

問題演習の取り組み方

の大きな違いに気づくこと

はありませんでした、、

 

 

あなたは

みんなと同じように授業を

受けていませんか??

 

 

授業はあなたのためには

できていませんよ??

 

 

問題の解き方、覚え方にも

違いがあります。

知っていましたか??

 

 

このままでは

友だち同じ志望校の受験生

差をつけることはできません。

 

 

いつまで経っても

E判定E判定のまま。

 

 

あなたは現状に満足

できていませんよね??

 

 

ここからが本題です。

覚悟をもって読み進めてください。

 

 

 男は

モノタスクだったり

勝負にこだわります。

またゴールに向かって

一生懸命に走ります。

 

 

女は

マルチタスク

仲間との調和を大切にします

またゴールがあればそれに向かって

コツコツ進めていきます。

 

  

もっと違いはありますが

今回はこの3つの違い

紹介していきますね!!

 

 

特に3つ目がポイントです!!

 

 

まず男はモノタスクです。

 

 

モノタスクっていうのは

マルチタスクの反対で

いろいろ同時にこなしたりは

できないということです。

 

 

でも逆に考えれば

ひとつのことにグッと集中します。

 

 

だから男性は

 

なんでもいいから

1時間勉強しよう!!

 

じゃなくて

 

1時間数学に

とことん集中しよう!!

 

と考えてください。

 

 

逆に女性は

なんか疲れてきたなー

とか思ってきたら

教科をコロコロ変えても大丈夫!!

 

 

脳はしっかりと吸収してくれます。

 

 

それともう一つが

人との関係性ですね。

 

 

 男性は勉強する上で

「ライバル」を作った方が燃えます!!

 

 

「あいつには絶対勝つ!!」

そんな思いがあなたの成績を

伸ばしてくれるはずです。

 

 

逆に女性は

仲間との関係を壊さないように

「みんなと一緒」という感覚で

勉強に取り組むようです。

 

 

なのでいい勉強仲間

作ることが大切です!!

 

 

 ファミレスに勉強しに行って

ずっとしゃべってしまう仲間ではなく

「さぁ、勉強しよっか!!」となったり

自分からも言えるようにしましょう。

 

 

いちばん重要な最後のひとつ、

男はバーーっとやってしまうタイプ

女はコツコツと進めていくタイプ

というものです。

 

 

男性は課題をバーっと

やる傾向にありますよね。

 

 

1つの問題も一気に答えまで

たどり着こうとします。

 

 

問題演習の時

わからなかったら答えを見る

その答えにたどり着くように

頭を使う

というのが大切です!!

 

 

 女性は勉強を日頃から

コツコツするタイプが多いです。

 

 

なので問題演習の時

そのプロセスひとつひとつを

確認しながら行ってください。

 

 

わからない問題には

できるところまで書いてみる。

 

 

そのあとに

自分はどこまでいけたのか

どのプロセスが違ったのか

を細かく確認することが大切です!!

 

 

どうでしょうか??

特に3つめは

授業や問題演習のときに

意識していけるポイントかな

と思います!!

 

 

こんな風にあなたの

タイプに合った勉強をすることも

大切なんです!!

 

 

ではまず

 

あなたが男性なら

「ライバル」

 

あなたが女性なら

「勉強仲間」

 

頭に思い描いて見てください。

 

 

きっとその人が

あなたを成長させてくれますよ!!

 

 

ここまで読んでいただき

ありがとうございました。

 

 

また次回もおねがいします!!

 

 

お名前.com